フランスのスーパー・メルケ・モラーヌ

今回はフランスの戦闘機、モラーヌ・ソルニエ M.S.406のエアレーサーです。

第二次世界大戦当時、
フィンランド空軍では、モラーヌ・ソルニエ M.S.406も使っていたのですが、
実は魔改造してたそうです。

速度の遅いM.S.406を少しでも良くしようと、
元の非力なイスパノ・スイザ 12Y31液冷V型12気筒(860hp)を捨て
ソ連軍から奪ったイスパノ・スイザ系のM-105P エンジン(出力1,100hp)に換装して
使っていたのです。
機体名もメルケ・モラーヌ(メルケはお化けの意)はマニアの間では有名な話。

この度は、さらに、強力なグリフォンエンジンに換装したという設定で改造。
そこで機体名はスーパー・メルケ・モラーヌとしました。

細身の液冷エンジン搭載なのに胴体が太いのは空気抵抗を考えると良くないですが、
ゆったり乗れるという意味では良いですね。
操縦性が良いという特徴があったそうで、デザイン的にもバランスが良くて好きな機体です。
もし、現代のリノ・エアレースに登場したら・・という設定です。

次はP1グランプリかー

7C9E3458-F5DE-4C29-B373-1012A0405BA8.jpegキネティッククリエイティブチャレンジの作品は、無事に出せたけど、
完成画像は結果が出るまでは出せません。
すみません

で、今は、P1グランプリ用のX-15を製作中。
ギコギコ倶楽部の人が出そうって言うもんだから影響されちゃってね。出すことにした(o^^o)

石坂浩二さん主催、ろうがんず杯、エントリー完了しました。

只今、ろうがんず杯へのエントリーを致しました。
未完成状態でも良いとの事なので、製作途中ではありますが、
一次審査画像として送信させていただきました。

今年は、どんな作品がエントリーされているのだろう、ろうがんず杯当日が
今から楽しみです。

■ろうがんず杯2019

■審査日、そして同時展示会  2019年10月13日(日)
■審査会場 プラーザホール by iTSCOM
  (東急田園都市線たまプラーザ駅直上 「たまプラーザテラス」2階)
   神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-1-2

■主催  石坂浩二さん★ろうがんず
http://www.rowguanes.co.jp/information.html